ホーム

カタールについて

カタールと日本の二国間関係

 

1972年より日本とカタールは重要な貿易国として外交関係を気づいてきました。主に二国間の関係を設立したのはエネルギー貿易で、日本はカタールからの膨大な量の液化ガスを輸入してきました。

カタール ジャパン 2012

「カタール ジャパン 2012」は、カタールと日本の二国間にある友情と尊重し合う関係を祝福し、2012年の1年間に渡って実施された、文化、スポーツ、ビジネス関連のイベントです。イベントは日本とカタールの両国で開催され、それぞれの国の独自性はもちろん、長く続く両国間の友好関係、伝統、そして両国民にとっての共通の利益という観点から企画されました。

カタールフレンド基金

カタールと日本の良好な関係の鍵となるのは、互いに尊重し支援し合う二国間関係です。特に2011年3月に日本が東日本大震災にて地震と津波の悲惨な被害を受けた際には、カタールはカタールフレンド基金(QFF)を設立し、日本の復興と復旧に向けて支援しました。

カタールフレンド基金の使命は、「東日本大震災の被災者の希望と夢を育むこと、そしてカタールと日本の両国間の永続的な友情を深めること」です。