ホーム

プレス

ニュース

釜石市が地元の水産業に希望の光を届ける

岩手県釜石市の漁師は、2011年の東日本大震災の影響で荒廃してしまった漁業の再生を目的としたこの新しい取り組みの締めくくりとして190万米ドルの収益を生み出しました。

水産加工物の保存、そしてサプライチェーンを通じた輸送を実現するための最新の冷凍技術を使用する施設が、釜石ヒカリフーズとカタールフレンド基金の協力の下、120万米ドルを投資して建設されました。この事業は、カタールフレンド基金が掲げる「日本の水産業の再建」というコミットメントの1つです。進捗状況報告によると、売り上げは目標を400%上回り、さらに目標の8社を大きく上回る23社が商品を購入する予定であることが判明しました。この収入が漁師の輝かしい成果につながったのです。

このプロジェクトは約2,500人の受益者を対象としていましたが、釜石の漁師の皆さんの成功により、地域産業やその下請けの業界にも非常に大きな影響を与えることが期待されています。また、困難を乗り越え、国内販路のネットワークを構築する彼らのパワーが周辺地域でニュースとなり、多くの人が後に続くきっかけとなることが期待されています。

 

< Back