ホーム

パートナー

顧問パートナー

 

三菱総合研究所は、シンクタンク、コンサルティング、ソリューションの3つの機能を基幹業務とする、わが国を代表するコンサルティング会社です。学際的なアプローチによる研究を展開する未来志向の総合シンクタンクとして、経営トップの意思決定を支援する協議機関として、また重要な変革を実現するITシステム開発や解決策を提供するITソリューションリーダーとして、幅広い分野の多様なニーズにお応えしています。

長年にわたり様々な分野において蓄積してきた叡智を結集し、MRIはお客様の多様なニーズや複合的な課題に対して最適・最善な解決策をご提案します。これまでに、民間セクターとの連携以外でも、多岐にわたる政府系プロジェクトに数多く携わってきました。その結果、MRIは様々な分野における日本の政策の策定において重要な役割を担うようになりました。

21世紀に入り、MRIは、常に知識創造企業としての努力を続け、お客様とともに未来共創を実現し、社会の持続的な発展に貢献していくことを企業のミッションに掲げています。

     
 

あらた監査法人は世界規模の会計事務所であり、復興・開発分野のアドバイザリーのリーディングファームでもあるプライスウォーターハウスクーパーズ(“PwC”)のメンバーファームです。PwCはQFFのアドバイザーとして、各種手続の策定、プロジェクトの選定、モニタリングと評価を含むファンドの運営に関する重要な事項についてのアドバイスを行います。また、QFFの透明性と説明責任を担保するため、財務に関連するアドバイザリーサービスを提供します。

     
 

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)は、世界有数の国際法律事務所であるベーカー&マッケンジーの日本における拠点事務所です。世界各国事務所との緊密な連携のもと、国内取引はもとより、グローバルに事業を展開する日本企業がクロスボーダー取引において直面する、さまざまな法的問題の解決を支援しています。

東京事務所に所属する弁護士や税理士をはじめとする専門家は日本語と英語に堪能であり、国内外の案件において、クライアントとの円滑なコミュニケーションを実現しています。クライアントのニーズに迅速に対応し、世界のいかなる地域においてもスムーズに事業活動を推進できるよう、必要に応じて案件ごとに最適なスキルと経験を携えた専門家をグローバルベースで招集します。

ベーカー&マッケンジーは基金の運営における法律アドバイザーとして、QFFプロジェクトに参画しています。

 

     
 

Zed Communications は独立系のマイクロ・ネットワーク・エージェンシーとして1999年に設立されました。現在はドバイ、アブダビ、クウェート、カタール、オマーンにオフィスを構えています。広告、PR、ブランディング、印刷、映像、デジタル、イベントや展覧会に関わる国内外のクライアントの幅広いポートフォリオのために、一貫したコミュニケーションサービスを提供。また、数多くの国際的な賞を受けており、2013年には「MENA・リジョン・デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。さらに、最近のクリエイティビティ・アワードでは金賞7つと銀賞9つを獲得しています。

     
 

キャンドルウィックは、ブランド価値を高めるコミュニケーション活動を支援するPR・マーケティング会社です。国内外で数多くの実績を積んだ経験豊富なバイリンガルのチームが、グローバルなネットワークを活かしながら、様々な角度からアイデアを出し合い、そのブランドに最もふさわしいコミュニケーションの方法を形づくっていきます。 

グローバルな北欧インテリア企業の東日本大震災の支援活動およびコーポレートPRのサポートのほか、国際難民支援会(Refugees International Japan=RIJ)のチャリティイベント、日本人トップバレエダンサーが東北支援のために開催した「オールニッポンバレエガラコンサート2012」のPRをサポートした実績があり、社会貢献活動の分野でも幅広いネットワークを構築しています。

キャンドルウィックは、PR・コミュニケーションのスペシャリストとして、QFFプロジェクトの日本国内におけるコミュニケーション活動全般をサポートしています。

     

プロジェクト実行パートナー

日本財団

 

日本財団は、海に関わる活動、社会福祉などの活動、人道活動
の分野を中心にグローバルに事業を推進している公益財団法人です。

     

AAR Japan

 

難民を助ける会は世界14か国で支援が必要な人々に対して、短期的そして長期的な支援を行う国際的なNGOです。

     

ジュニア・アチーブメント

 

ジュニア・アチーブメントは、「生きるための賢さ」「独立した考え方」「決断する能力」「個の確立」「責任ある市民」といった基本的資質を育むための支援を提供しています。

     

エコ食品健究会

 

エコ食品健究会は、人々の日常的な食生活をとおして、環境、公害、そして健康被害について学ぶ機会を提供する団体です。そのような被害をどのように防ぎ、最小化すればよいかを啓蒙しています。

     

釜石・大槌地域産業育成センター

 

釜石・大槌地域産業育成センターは、地元産業を成長させ、地域を活性化させることを目的に掲げて、釜石・大槌地域の地元産業を支援している組織です。地元の中小企業、特に沿岸部にある企業の経営基盤強化に力を入れています。

     

日本国際民間協力会

 

日本国際民間協力会は、緊急災害支援、自立支援、環境保全、そして人材育成を行っている日本のNGOです。

     

東北大学

 

東北大学は、建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造しています

     

IMPACT Foundation Japan

 

IMPACT Foundation Japanは、起業家精神を持ち、日本から社会をより良くすることに力を注ぐことを目的とする一般社団法人です。

     

白河市

 

福島県白河市は、東京から185キロメートル北に位置しています。郷愁に満ちており、長い歴史がある地域です。

     

男女共同参画と災害・復興ネットワーク

 

2011年3月11日東日本大震災発生後、政策策定の女性の参画の重要性と防災・復旧、復興さらにはレジリエンスの構築にかかわる政策に男女共同参画の視点を導入することを中心に、多層にわたる政策提言の活動を行っている。

     

sweet treat 311

 

2011年3月11 日の震災直後から、「日本で一番厳しい環境にいる子どもたちに、日本で一番豊かな教育を」を活動のモットーに掲げ、避難所や孤立集落、仮設住宅等に食料やスイーツを届ける活動を行っている。